2007年03月24日

グランプリ |東京スカパラダイスオーケストラ

グランプリグランプリ
東京スカパラダイスオーケストラ
ERJ
発売日 1995-06-21




さよならオザケン 2006-07-19
最近は、椎名林檎や田島貴男をフィーチャーして、歌モノアルバムを作ったスカパラだが、これはその先駆的な一枚(95年作)。



なんといっても、小坂忠の"しらけちまうぜ"をオザケンがカバーしたトラックが小気味良さがサイコー。小沢健二がオザケンと呼ばれるにふさわしい若さをバクハツさせており、リズミカルな日本語詞との相性もバッチリの名カバーソング。しかし、これ以降、小沢健二は一気に寡作な人になってしまった。ある意味、オザケンというネーミングとの決別ソングとも取れる。



その他にも、いろいろな人をフィーチャーしているこのアルバム。夏のドライヴにぴったりな爽やかさの高橋幸宏"WATERMELON"やファンキーにカラッとした歌声を披露した石川さゆり"真赤な太陽"他、映画「東京デラックス」主題歌、カクテルバーのCF曲"花ふぶき〜愛だろ、愛っ"など大変バラエティに飛んだ内容となっている。曲間には、youによる小芝居などもあり、とにかく豪華ゲスト陣が、そのセンスをいかんなく発揮した一枚と言えよう。

また全体を通して、夏らしい開放感で溢れており、そのことが、このアルバムのイメージを散漫にしていない要素でもある。



聴き込む感じではないけれど、ドライヴなどでは、とにかく楽しめる一枚です。






さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by suka at 20:00 | 東京スカパラダイス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。