2007年03月24日

THE BEST! PUNCH THE MONKEY! |オムニバス

THE BEST! PUNCH THE MONKEY!THE BEST! PUNCH THE MONKEY!
オムニバス
コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日 2001-12-21




まさにベスト!! 2006-08-31
「PUNCH THE MONKEY」シリーズの中のベスト版としてのその位置は、充分と言って良いほどの出来です。まず、キャスティングが良いですね、この面子の誰が手がけても、まず滑ることはない、と安心して購入しました。

 2曲目を手がけたアシッドジャズの巨匠U.F.O.松浦氏のリミックスは、U.F.O.とルパンが合体するとこんな感じ、というくらい解りやすく、そしてシックにまとまっています。U.F.O.ファンなら必聴です。

 4曲目を手がけた、打ち込みサンプリングのプロ、サワサキ氏のリミックスは、打ち込みでルパン?ちょっと不安・・・という心配を一気に吹き飛ばしてくれました。アップテンポでコミカルなサンプリングで笑いを誘いつつ、元の音源を決して壊すことなく、打ち込み嫌いの方でもすんなりと聞ける一曲になっています。

 10曲目はお馴染みのスカパラの皆さん。誰でも聞き覚えのあるルパンのオープニングテーマソングをハイテンポで、完全にSKAにしてしまったものの、全く違和感無し!!個人的にはハイテンポなリズムが好きなので、これがベストの中のベストです。やはりDJ陣も目利きなのか、この曲は聞き逃す事なく、あちこちのクラブやCDでさらにリミックスされています。名曲をさらに名曲にしたという感じでしょうか、スカパラの皆さん、さすがです!!

 総評すると、まずルパンのオープニングテーマソングと挿入曲は、とにかく音源としてはレベルが高いので、誰がどう料理してもハズレはないのでしょう。松浦氏のようにビートを重厚にして個性的なテンポのリズムを掛ければジャズィーなルパンに。そして、スカパラのようにハイテンポでSKAのテイストをふんだんに掛ければ、LPIN THE SKA。詰まるところ、音源の(元曲)素晴らしさを、各アーティストがそれぞれのジャンルから充分に引き出した一枚です。オープニングテーマのリミックスがほとんどですが、音マニアなら、まず飽きることなく何度も聞ける一枚です。シリーズで、どこから手を付けるか迷っている方なら、まずはこのベスト版を買って、他に移行するといいのでは?


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by suka at 20:00 | 東京スカパラダイス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。